2020年東京オリンピックと風俗の関係

東京五輪で風俗業界がなくなるって噂の真相を解明!

「2020年に東京で開催される東京オリンピック」その開催に向けて連日様々な報道がされています。

「私には関係無いし。」

と思っているかもしれませんが、実際そうでも無いかもしれませんよ。

ネット上で目にしたのが「オリンピックの影響で風俗産業が無くなる」というもの。

これが事実だとしたら死活問題の方も多いいはずです。

この記事では、そんなオリンピックと風俗産業についてサルでも分かるように解説していきます。

そもそも噂の発端は?

なぜこのような噂が広まっているのでしょか。

日本は、オリンピックの誘致が決まったころから観光大国を目指しています。

コンサルタント
「お・も・て・な・し」が一躍話題になった辺りです。

今の政府は、外国人観光客や外国人労働者の受け入れに対し肯定的な政策を行っています。

[形動]そのとおりであると同意するさま。積極的に認めるさま。

コンサルタント
また、「omotenasi」の背景に「街の外観を正し、清く正しく美しい日本を見せるために」と政策「浄化作戦」を実施しています。

浄化作戦の具体的な例を上げると

  • 「ホームレスの立ち退き」
  • 「老朽化した空き家の対応」
  • 「違法営業やぼったくり営業などの取り締まり」

などが該当します。

また、東京都は2004年より歌舞伎町浄化作戦を行っており、表面上功を奏していることも影響しています。

  1. 「定期的に吉原のソープにガサを入れ」
  2. 「深夜営業のクラブを摘発」
  3. 「路上スカウトマンの逮捕」
  4. 「客引きの逮捕」

など、忘れた頃に捜査のメスを入れています。

風俗産業がなくなる事はあり得ない?

さっそくですが本題です。

「風俗産業が無くなるという事はまずあり得ない」と思って良いでしょう。

風俗が無くなると困るのは男性です。

コンサルタント
確かに働く女性たちの仕事が無くなることも大問題ですが、風俗を利用する男性がいる限り無くなることは無いでしょう。

実際にこの様な法を定めるお役所、政治家は男性が多く「風俗に対して否定的でも利用したことが無い」という男性は滅多にいません。

自身が利用していればそのサービスの必要性は理解できるのでしょう。

いくら否定派でも「撲滅!」とはいかないようです。

「風俗反対!」風俗撲滅の声に賛同するも「本音は違う。」なんて政治家が多いのが事実でしょう。

風俗産業を表面上撲滅させる=「違法風俗店が急増する」

また、風俗をリアルに規制、撲滅してしまったら確実に増えるのが裏風俗です。

  • 「ぼったくり」
  • 「美人局」

などの新たな犯罪が増え、規制前より治安が悪化することが目に見えています。

美人局(つつもたせ)とは、夫婦が共謀し行う恐喝または詐欺行為である。妻が「かも」になる男性を誘って姦通し、行為の最中または終わった瞬間に夫が現れて、妻を犯したことに因縁をつけ、法外な金銭を脅し取ることである。また、妻でなく、他の女で同等行為に至った場合でも類推される。「びじんきょく」と読むのは誤り。

また、性欲の掃きだめを失った男性による性犯罪も増えると思われます。

人間の三大欲求の一つである「性欲」を満たす事ができる風俗を撲滅すると、ろくなことが無いと思われます。

撲滅はしない。見せしめの対象ではあるのは確実!

しかし、本音と建て前はこの社会で無くなることはありません。

コンサルタント
風俗容認の方向でも、オリンピックという世界的なイベントが開催される以上「税金や営業面などで違法行為を行っているような店が無いか」見せしめも兼ねて摘発などはされるでしょう。

もちろん、違法な店であれば摘発されてしまっても仕方がありませんが、営業許可を得てる優良店で働いていればそんな心配もありません。

check!摘発対象外で日給4万円保証の稼げる人気風俗店求人情報はコチラから確認してください。

摘発の現場に居合わせた女の子はどうなる?

もしも自分の働いている店に税務署や警察などのガサ入れ調査が入ったとしても、働く風俗嬢は処罰されることはありませんので安心してください。

違反していて、処罰されるのはあくまで経営者なのです。

コンサルタント
ただ、摘発などがあるとそのお店は営業を続けることが出来ません=「女性は働く事ができなくなります。」

また処罰等が無かったとしても、取り調べなどで余計な時間を過ごさざるを得なくなります。

  • 「無駄な時間を過ごしたくない」
  • 「余計な心配をしたくない」

と思うのであれば、きちんと営業をしている優良店で働いていれば余計な心配をする必要がありません。

オリンピックの開催は来年に迫っています。

この半年から一年にかけては、特に注意が必要となるでしょう。

ホストクラブは規制強化対象?

コンサルタント
「風俗産業は安泰」と胸をなで下ろしているかもしれませんが、特に注意が必要なのが近年ホストクラブの規制が強化される可能性があります。

特に注意していただきたいのが、近年TVやSNSで世間を賑やかにしてる「青汁で1億8千万円の法人税法違反で起訴された」

  • 若手経営者
  • 現在公判中
  • SNSを利用した炎上商法で焼き鳥屋をクビに
  • 新宿歌舞伎町の老舗ホストクラブへ体入
  • 新人にも関わらず5日間での売上は3千万円以上

などの快挙が2019年8月末に達成されました。

この快挙・伝説によってホスト業界にもたらすお役所の見解は、単純で今まで以上の「税務調査の強化」です。

コンサルタント
男性が利用する風俗店や夜のお店に対しての規制は緩いけど「女性をターゲットとしているお店は規制しても構わない」というのがお役所や政治家の考えです。

お役所や政治家を刺激するのは危険!

確かにこれらは不公平ですが「役所の男性陣がホストクラブに理解がある訳が無い」と思うと仕方が無いと諦めがつくかもしれません。

役所の人も規則を決めるのも古き良き男性です。

キャバ嬢や風俗嬢など女性は好きでもチャラチャラしたイメージが強いホストの男性は嫌いです。

前例として、ホストクラブなどの「深夜営業の禁止」規制はあっという間に可決されました。

コンサルタント
オリンピックに合わせ、ホストクラブなどの女性をターゲットとした業種は近日新たな規制が入る可能性は十分にありますので特に注意した方が良いかもしれません。

もちろん、女性がそれらを利用していた際に摘発などがある可能性もあります。

真相解明!「風俗は永久不滅」

「世界最古の職業は娼婦であった」とも言われています。

コンサルタント
風俗は我々がまだ電気もガスも無かったころから業態を変えながら、滅びることなく続いてきた云わば「伝統芸」ともいえるでしょう。

もちろん、国によって「風俗は禁止」という国もあります。

しかし、ここ日本はどちらかというと風俗に対して容認な姿勢の国です。

オリンピックという世界的行事により、多少の規制などは行われるかもしれませんが、

  • 風俗が無くなる
  • 働けなくなる

という事はまず無いと思って良いでしょう。

風俗で稼いだお金で生活してる女性にとっては心配の種かもしれませんが、その心配は不要です。

check!摘発対象外で安全に稼げる人気風俗店求人情報はコチラから確認してください。

2020年までも、それ以降も、女性は風俗で働き続ける事は可能です。

なので安心して働いてもらって大丈夫です。

しかし、見せしめなどのガサなどを避けるためにも、きちんと許可を取り営業をしている優良店を選んだ方が得策です。

自分の店の営業がしっかりとしているか、十分に確認してみることをお勧めします。

『入店祝い金』貰ってますか?
Qプリ

お店から交通費や祝い金がちゃんと支給されるか心配…って人は必見!そんな心配はもう不要です!

業界初!

  • 体験入店で『入店祝い金』
  • 面接で『交通費』

をプレゼントします!

おすすめの記事