風俗の客層について
Qプリ広告

風俗バイトで接客する男性像の実態!

これから風俗で働こうと思っている女性にとって一番の不安が「どんな男性客が利用するのか」だと思います。

  • 「いかにも童貞でキモい奴なんじゃないか?」
  • 「不潔で汚いおっさんばっかりじゃないか?」
  • 「ヤクザや強面の男ばっかりじゃないか?」

もしかしたら、それが心配で稼ぎたいのに一歩踏み出せない女性もいるかもしれません。

この記事では、そんな風俗を利用するお客さんと、そんなお客さんとの上手な付き合い方について説明していきます。

check!会員制の脱がずに日給4万保証の人気メンズエステ求人情報はコチラ

ほとんどの人が「普通の男性」

風俗を利用する人ってどんな男性なのでしょうか。

初めて会った後に接客をするのですから、心配に思うのはごくごく自然なことです。

しかし、実際に風俗バイトで働くとその多くの女性が「思ったより普通の男性客だった」と驚くと言われています。

風俗を利用する男性は、想像以上に普通の人が多いのです。

コンサルタント
現役風俗嬢に聞いてみても、長く風俗で働いていても「このお客さんは無理、最悪!」と思う事は数回しかないとの事でした。

確かに、

  • 「ノリが合わない」
  • 「面倒くさい」

と思う男性客はいるかもしれませんが、「無理!」と思う事は滅多に無いと思って良いでしょう。

風俗店のスッタフも客を選んでる

変な人や不審者が来る確率は、風俗よりコンビニの方が高いと言われています。

コンビニはお金が無くても、身なりが汚くても、怖い人でも利用が出来ます。

しかし、風俗はある程度の収入が無いと利用が出来ませんし、身なりが汚い男性、反社会的な怖い男性はお店のスッタフは利用を制限することが出来ます。

風俗は、お店のフィルターを通過した人でないと利用が出来ません。

さらに、高級店となると利用できる男性は限られてきます。

「変質者、汚い男性が押し寄せているのではないだろうか」と不安を抱いてる女性は、まず安心して良いでしょう。

風俗店を利用するお客さんは、結構どこにでもいる普通の人がほとんどです。

変な男性客「クソ客」は一定数存在する

コンサルタント
しかし、残念ながら全員が全員いい男性利用客だとは限りません。

中には変な人もいます。

  • 喧嘩腰な男性
  • 難癖付けようとしてくる男性
  • 会話が出来ない男性
  • 泥酔客
  • クレーマー
  • 禁止行為を行おうとする男性
  • 本番強要客…変な人

と言ってもそのタイプは様々です。

しかし、接客業をやっていて変な人に遭遇することは決して珍しい事ではありません。

近年問題視されているクレーマー、と呼ばれる人はどの世界にもいます。

コンサルタント
どんな男性客であれ、お客さんはお客さんですので我慢してやり過ごすしか無いのですが、クレーマーや問題客が居なくなることはまずありません。

「風俗に限ってそういう利用客がいない」という訳はありません。

check!会員制の脱がずに日給4万保証の人気メンズエステ求人情報はコチラ

風俗バイトの接客対応が一番大変な訳ではない

もしも最悪なお客さんに当たってしまったら…「もうこの仕事嫌だ!辞めたい!」と思ってしまうかもしれません。

確かに嫌な思いをすることになりますので、それは仕方が無いかもしれません。

コンサルタント
しかし、その気持ちをいつまでも引きずっていてはいけません。「嫌なお客に当たってしまった」だからと言って仕事を辞めてしまっては何の解決にもならないのです。

風俗を始めるにあたって、皆何かしらの理由があったはずです。

働き始めと今と、状況がもしも変わっていたとしても風俗を辞めることで何かの解決になるとは限りません。

それより今の収入を失う事となりますので、問題が肥大化する可能性も十分に考えられます。

一般職の接客業でも嫌な客・変な客の接客は日常茶飯事

何より、社会に出て働く以上変なお客さんは避けては通れません。

一般職、特に接客業であれば

  • 嫌な客
  • 変な客

を我慢して接客しなければならない事は日常茶飯事だと思ってください。

昼職では、我慢し常に普通のお客さんと同様に接することを求められます。

万が一接客態度に出てしまったら、それらが更なるクレームを呼ぶこともあります。

NG客指定する事は可能だけど稼ぎたいなら我慢も必要

風俗バイトでは、面倒な客を出禁にしたり、接客拒否することは可能です。

コンサルタント
風俗であれば一度接客した嫌なお客さんには、スタッフにNG指定する事で二度と接客しなくてよくなります。その点に関しては、ストレスを感じる事は一般職よりは少なくなると思ってよいでしょう。

嫌な客・面倒な客・クソ客の対処法

ココからは風俗バイトで不運にも出会ってしまった

  • 嫌な客
  • 面倒な客
  • クソ客

を接客する際の対応方法を解説していきます。

1「愛想よく断る」

風俗も基本的には接客業です。

お金と引き換えにサービスを提供するのですから「どんなお客さんに対しても愛想よく」が基本です。

普段やらないプレイ、やったことない事などは出来る範囲で答えてあげるようにしましょう。

これを「できません」で断っていると、

  • 愛想が悪い
  • サービスの悪い子

だと思われてしまいリピーターにできなくなってしまいます。

コンサルタント
しかし、本当に出来ない事は愛想よく断るようにしましょう。「風俗嬢だから」と無理難題を言ってくる男性客も中にはいます。出来ないプレイ、対応出来ないサービスには「ちょっと出来ないので」とお断りをするようにしましょう。

2「困ったらお店に任せる」

「すいません出来ません」と伝えたのに駄々をこねる、時には逆上するお客さんも中にはいます。

そんな場合はお店の判断を仰ぎましょう。

現場でキャストが判断、対応をすると話が拗れる可能性が高くなります。

コンサルタント
「無理難題を言われた」「断ったのに聞いてくれない」そんな場合は「ちょっとお店に聞いてみますね」とお店に電話をしてください。お店のスタッフさんは、そのようなトラブルの為にいつでも動けるよう待機してくれています。

トラブルになる前に、最悪の事態を避けるためにも、困ったらお店に連絡を徹底するようにしてください。

3「危ないと思ったら逃げる」

風俗を利用する男性客の中には、本当に危ない男性もいます。

  1. 薬物などを使用している
  2. 強引に襲ってくる
  3. 危害「暴力」を加えようとしてくる

などの危険性がある利用客もいるかもしれません。

そんな場合は、真っ先に自分の身の安全を優先してください。

コンサルタント
個室ではマンツーマン、あなたと相手しかいません。危ないと思ったら、ケータイを持って部屋から避難しましょう。そうすればホテルのスタッフさんやお店のスタッフが即時に対応をしてくれます。

危ない、ヤバいと思いつつガマン、なんて必要は一切ありません。

いざという時の対処法

困った時にどうしたら良いかはお店の人が一番慣れています。

何かあってから、では遅いので、何かあるその前に対応できるように準備しておく事が大切です。

理不尽なクレームに負けない方法

風俗だけでなく、接客業をしていると必ず受けるのが「クレーム」です。

クレームは無ければ無い方が良いですよね。

風俗に寄せられるクレームには、改善するべきクレームもあれば、お客さんのわがままとしか行けないような理不尽なクレームもあります。

ここからは、そんな「理不尽」なクレームに負けない方法をお教えします。

風俗に寄せられるクレームの実例

実際に風俗店にクレームが寄せられる事はそう多くはありません。

風俗に寄せられるクレームには、主に以下の様なものがあります。

  • プレイや接客が適当
  • プレイ時間が短い
  • プレイの後、すぐに帰ろうとする、帰った
  • パネマジ、写真と実物があまりに違う

上の3つは風俗嬢の、下の1つはお店の問題となります。

もしも過剰な修正で写真と実物が違う場合、文句を言われるのはお店のフロント、電話か、又はあなた自身となります。

「写真とあまりにも違うかも…」と思った場合は、お店に相談した方が良いでしょう。

少し見栄えが悪くなったとしても、お客さんからクレームを受けるよりは良いでしょう。

残り3つのクレームは、やはりあなたが「手抜き」になっているから寄せられるクレームです。

コンサルタント
少しくらい「可愛くない、スタイルが良くなかったから」と言っても、一生懸命にプレイしてくれる女性のクレームをお店に入れるような男性客は多くはありません。ルックスや若さを鼻にかけ、適当に接客をしている女性に対し、クレームは発生するようです。

理不尽なクレームとは?

ここからは、クレームの中でも「理不尽」と感じるクレームについて説明していきます。

もし下記に該当するクレームならば、あなたは一切気にする必要はありません。

1「体質・体調によって射精できなかった」

お客さんの体調などにより、射精出来ない場合もあります。

コンサルタント
風俗とは言え生理現状に絶対はありませんので、射精が出来ようが出来まいが返金等には応じられません。が、射精出来なかったからと言ってクレームを言われる場合があります。

だいたいはお店が処理してくれますが、時に女性に対して直接クレームを言われる事があります。

その際はお店に相談し、対応して貰うようにした方が良いでしょう。

明らかに手際が悪かったなどを除き「時間が足りなかった」なども女性の責任ではありません。

2「シャワー・歯磨きに関するトラブル」

お店によって異なりますが、プレイ前にシャワーを一緒に浴びる事がルールになっているお店が大半です。

しかし「既にシャワーを浴びた」という理由からそのシャワーを断るお客さんが存在します。

コンサルタント
「お風呂に入らないとプレイが出来ない」というルールはお店側が定めたルールですが、それに同意して貰えないのであれば「サービスが出来ない」としっかり伝えて良いでしょう。どうしてもらちが明かない場合はお店に相談してください。

シャワーの時間を省けば「その分プレイが楽しめる」と男性は思いがちですが、実際にその様な事は無い事も、しっかりと伝える様にしてくださいね。

3「本番行為、店外デートを断ったらクレーム」

「本番行為や店外デート」はお店側でも禁止事項としてしっかりと明記されています。

しかし、その様な禁止行為をわかっていながら誘ってくる、そんなお客さんは少なくありません。

コンサルタント
勿論しっかりと断り、相手の話に乗らないのは前提ですが、断ったことに腹を立ててクレームを入れてくるクソ客も中にはいます。「本番行為、店外デートを断られた!」と言ってくれれば良いのですが「断る=悪い女性」と断言したい迷惑な客は、ある事無い事を言われるのがこの手のトラブルの厄介なところです。

「その様なトラブルが寄せられた」と耳にした場合はその事実をお店にそのまま伝えましょう。

お店側も逆恨みだとわかれば問題とする事はありません。

たちの悪いクソ客に「接客が悪いとクレームを入れるぞ」と脅されたからと言って、話に乗る必要は全くないのです。

本番行為は何より違法行為です。

その話に応じる方がリスクであるという事を忘れない様にしてください。

理不尽なクレームにはお店との信頼で立ち向かおう

あなたに非があるクレームは、自身で対策、対応をするしかありません。

しかし、理不尽なクレームに対しては対処方法が無いのが現状。

だからと言って相手の言いなりになる必要はありません。

コンサルタント
理不尽なクレームはだいたいが話を大きくしたり、盛ったりするものです。お店側もそれが全てだとは思いませんので、クレームが起きた場合はそのすべてをきちんとお店に伝える事が大切です。理不尽なクレームの対処法などはあなたよりお店の方が慣れています。

なので、それが真実でないようであれば、お店に任せてしまった方が良いでしょう。

しかし「これらはお店とあなたとの信頼関係があってこそ」の話です。

コンサルタント
普段からお店との信頼関係を構築できていないのであれば、お店はあなたより男性客の話を信じてしまうかもしれません。いざと言う時の為にも、お店側との関係は良好でありたいものです。

例え自分に非のあるクレームを受けたとしても、隠すのではなくきちんとお店に伝える様にしましょう。

そうする事で理不尽なクレームを受けた場合でもお店はあなたの力になってくれるでしょう。

安心して働けるお店を探す方法

クレームに負けない、お店との良好な関係を築くには、安心して働けるお店を探す必要があります。

これからお店を探す、又はお店を移りたいと思っているのでしたら、安心して長く働けるお店を探すことが出来る求人サイトを利用してみてください。

Qプリであれば、希望の条件などを登録しておくだけでお店側からスカウトメールが来ます。

現在既に働いている女性でも、スキマ時間に効率よくお店探しが出来ます。

またQプリから申し込む事で

  • 面接交通費:2,000円
  • 入店祝金:10,000円

をサイト運営会社より都度もらう事が可能です!

check!Qプリを確認する

『入店祝い金』貰ってますか?
Qプリ

お店から交通費や祝い金がちゃんと支給されるか心配…って人は必見!そんな心配はもう不要です!

業界初!

  • 体験入店で『入店祝い金』
  • 面接で『交通費』

をプレゼントします!

おすすめの記事