考える女性

「風俗街に住む」という選択、アリ?ナシ?

コンサルタント
風俗というお仕事は出来高制「完全歩合制」です。どれだけ働いたかで給料が決まりますので「少しでも稼ぎたい!」と思っている女性であれば出来る限り「長い時間働きたい」と思うでしょう。

また、通勤の時間は当然ですが給料は発生しません。

「毎日の通勤の時間がもったいない!」と思う女性もいるかもしれません。

この記事では、そんなちょっと慣れてきた風俗嬢が必ず当たる壁「住居問題」にスポットを当ててみます。

「だったらお店の近くに住んじゃえば?」と言った選択は

  • 正解?
  • 危険?

そんな風俗街に住むという選択についてのメリット・デメリットを紹介していきます。

Qプリ広告

風俗街に住むという3つのシチュエーション

実際に「風俗街に住む」というシチュエーションはどのようなタイミングでしょうか。

ここからは風俗バイトで働く女性が風俗街に移住する具体的なタイミングを紹介させていただきます。

全国の寮完備で日給5万保証の人気風俗店求人情報はコチラから確認してください。

1「店の寮に住むケース」

長期の出稼ぎなどの場合、お店の寮を利用することも多々あります。

お店によって異なりますが、基本的にお店の寮は店の近くにあることがほとんどです。

寮はお店の目と鼻の先という店も少なくなく、その場合は=風俗街に住むという事になります。

2「ホテル・ウィークリーマンションに住むケース」

同じく出稼ぎなどで寮が使えない場合は、お店がビジネスホテルやウィークリーマンションを借りてくれることがあります。

その場合も交通費などを加味した上で、お店の近くのホテルやマンションに住むことになる場合が多いようです。

もちろん、勤務する風俗店の稼働範囲に住むことになります。

3「自分で賃貸契約をして住むケース」

  • 「毎日の通勤時間がもったいない」
  • 「帰りのタクシー代がもったいない」

そんな風俗嬢が選択するのが「店の近くに賃貸を借りる」という選択です。

通勤時間の削減や交通費の節約にはなりますが、

  • 「お店から近いとなんとなく精神的に休まらない」
  • 「治安が気になりちゅうちょしてしまう」

などのデメリットもありますので、しっかりと把握した上で賃貸契約を進めましょう。

風俗街にも地域によって特色がある

一概に「風俗街」と言ってもその町並み・種類は様々存在します。

ここからは地域毎の風俗街の特色を紹介していきます。

全国の寮完備で日給5万保証の人気風俗店求人情報はコチラから確認してください。

1「繁華街に風俗街が隣接する場合」

東京だと新宿、池袋、渋谷などの繁華街がこれに当たります。

一般の飲食店もあれば、飲み屋街もあり風俗街もそう遠くない、という場合がこれに当たります。

このケースの地域の特徴として様々な人が利用するので、客層、年齢層、性別など全てが行き交います。

2「風俗店がほとんどを占める繁華街」

次に紹介する「お店のほとんどが風俗街」という地域の特徴です。

東京の吉原、大阪の飛田新地などがこれに当たります。

風俗店以外のお店もあることはありますが、基本的には風俗店、その他のお店も風俗で働く人をターゲットにしたお店が並びます。

風俗を利用する男性と、そこで働く人以外はほとんど立ち入ることの無い街ですので、人通りはそう多くない特徴があります。

家賃はピンキリ?

コンサルタント
前項で説明した通り、風俗街、繁華街と言っても、その全てが風俗店なのか、繁華街が隣接しているのかで家賃などは大きく異なります。また、今も繁盛している人気の街なのか、寂れてしまった街なのかで家賃は変わってきます。

オシャレで人気の繁華街が近いと家賃は上がりますし、風俗店しか無いような地域であれば相場より安く借りることが出来ることもあります。

また、建物が全体的に古い、ドヤ街や簡易宿泊所が点在するエリアが近いなど、条件が揃うと家賃は低くなります。

家賃が安い地域は物価も安くなります。

逆に家賃が高い街は物価も高くなり、思わぬ出費で生活が大変になるデメリットもあります。

「家賃が安いエリア=古い・汚い」ではない

昔からの「風俗街=汚いアパートしか無いんでしょ?」と思っていませんか?

確かに一昔前まではその様な風潮がありましたが、最近はそういう地域でもきれいな、新しい建物が増えています。

コンサルタント
先入観で懸念されがちな地域は、逆に家賃が安かったりとメリットも多く、それを求めてあえてそういう地域に住む人が増えたのも事実です。

また、外国人観光客などは賃料の安いドヤ街のホテルなどを好みます。

外国人が増えると、その外国人をターゲットとした店なども増えてきます。

ドヤ街に集まる人をターゲットにした店だけでなく、おしゃれなカフェやご飯屋さんなども徐々に増えているようです。

風俗街・賃料が安い地域の治安に関して

風俗街・賃料が安い地域においてやはり一番気になるのは治安です。

「風俗街、歓楽街となると治安が悪いのでは?」と思われがちです。

確かに治安の悪い場所もありますし、家賃をケチって怖い思いをしては元も子もありません。

反面、高級住宅街などは実際に街もきれいですし、安全面も優れています。

危なそうな人、不審者を見かけることも滅多にありません。

コンサルタント
お金持ちの人はわざわざ風俗街には住むことはありませんので「やはり治安が良くない」という事はある程度覚悟しなければならないかもしれません。

家賃が高い地域はやはり安全?

高級住宅街でも変な人はいますし「歓楽街だからと言ってすべての人が危ない人か?」というとそうではありません。

「繁華街や歓楽街が立ち並ぶ街=家賃も高め」です。

多くの人が行き交うのでそう感じないかもしれませんが、そんな街中に住む人はだいたいがお金持ち。

「お金持ち=世間体がある人間」になるので「安全」と言えるかもしれません。

家賃をケチって少し離れた治安の悪い街に住むより、街中のマンションなどの方が近隣トラブルは少ないとも言われます。

どちらが自分に合っているかを冷静に判断する必要があるでしょう。

夜でも人通りがある場所は逆に安全?

また「夜でも人通りがある地域は出歩いても逆に安全」とも取れます。

24時間ネオンがついていて、通行人や呼び込み、キャッチなど人の目があるというところで痴漢やひったくりなどはなかなか起きません。

夜中に「コンビニに行きたい」と思っても、真っ暗な住宅街だとちゅうちょしますが、繁華街であればあまり気負うことなく出かけることが出来ます。

もちろん酔っ払いに絡まれたりというリスクはありますが、それでも人の目があるだけ安心です。

ただ「道を一本隔てただけで雰囲気が全然違う」なんてこともありますので注意が必要です。

「繁華街だから安心」と思っても裏通りなどは危険なことも多々あります。

必ず内見の際には近所も見るようにし、夜はどんな雰囲気なのかを確かめる必要があるでしょう。

『入店祝い金』貰ってますか?
Qプリ

お店から交通費や祝い金がちゃんと支給されるか心配…って人は必見!そんな心配はもう不要です!

業界初!

  • 体験入店で『入店祝い金』
  • 面接で『交通費』

をプレゼントします!

おすすめの記事