ストーカー気質診断
Qプリ広告

ストーカーになりやすいお客の見極め方・特徴はコレだ!

風俗はキャバクラなどの水商売に比べてストーカーなどの被害率は低いと言われています。

しかし「上客だったお客さんがいきなりストーカーに変貌する」なんて経験をした事のある女性は少なくありません。

コンサルタント
この記事では、そんな風俗で働く女性に知っておいて欲しい「ストーカーになりやすいお客の見極め方」をお教えします。「私は大丈夫」と思っていても突然その被害は訪れます。

日ごろからしっかりと対策する様にしてください。

ストーカー対策万全!安全に働ける人気風俗店求人情報はコチラから確認してください。

風俗でのストーカー被害率は低い

風俗で働いていてストーカー被害にあう事は決して多くはありません。

しかし、わずかではありますがその被害に悩んでいる女性がいるのも事実です。

コンサルタント
風俗バイトで働く女性が実際にストーカーに発展した率は、キャバクラなどの水商売の仕事の半分以下とも言われています。しかし、その可能性がゼロでは無い以上、常に警戒する必要はあります。

ではなぜ風俗ではストーカー被害が少ないのでしょうか?

その理由は「風俗嬢が身近な存在である」からだと言われています。

風俗は、お金さえ払えば女性を独占し、性交渉又はそれに近い行為迄行う事が出来ます。

キャバクラなどの水商売はストーカー被害が多いい?

風俗店に対しキャバクラなど水商売は

  • お触りが出来ない
  • 独占が出来ない
  • 料金が高い

など「高嶺の花」なのです。

口説き落としたくて、通った所で上手く色恋されてしまい、挙げ句の果てにストーカーと化す男性客が多いとされています。

もし、キャバクラなどの水商売で働く場合、プライベート携帯と仕事携帯は分ける事をオススメします。

ストーカーと変化する男性の心理

  • 自分に興味を持って欲しい
  • 好きになって欲しい
  • あわよくば…

と思うその気持ちが徐々にストーカー気質へと人を変化させてしまうのです。

コンサルタント
「時間とお金を使ったその対価を求められなかった」そう思った男性がストーカーになる確率が高いと言われています。

それに対し風俗は、決められた時間、決められた金額内で一定のサービスを提供します。

それ以上を求める人が少ないと言われています。

check!安心安全に働ける日給5万保証の人気風俗店求人情報はコチラから確認してください。

ストーカーになり易い男性の特徴

ここからはストーカーになり易い男性客の特徴をお教えします。

あからさまな人もいれば、隠れストーカー気質の男性もいるので、しっかり把握しておきましょう。

コンサルタント
以下で紹介する項目で3つ以上該当する男性は要注意人物の可能性が高いので接客方法など気をつけてください。

1「女性経験が少ない」

  • 女性経験が少ない
  • 遊びなれていない

に該当する男性はストーカーになり易い傾向になります。

営業トークなどの甘い言葉を真に受けてしまい、自分の事をわかってくれていると思い込んでしまいます。

どう思うかは自由ですが、ストーカーまで発展してしまうのは迷惑でしかありません。

コンサルタント
女性経験があるか否か、女性慣れしているかどうかは雰囲気や態度から感じ取る事が出来ます。もしも「怪しい、この人は危ないかも」と思った場合は、「好意的な態度、言葉を控え、当たり障りのない接客をする」事を心がけてください。

2「勘違いしやすい」

営業トークやピロートークで話した事を本気にしてしまう男性客も存在します。

「自分に気がある」と思うくらいならまだ良いのですが、

  • 彼氏面をする
  • 他の客に嫉妬する

など勘違いも度を超すと危険な存在となります。

コンサルタント
待ち伏せなどのストーカー行為に及ぶ危険もありますので、仕事であるとしっかり伝える事が必要です。

3「頻度が多い」

頻繁に通ってくれる客は「太客」「上客」「エース」など呼ばれます。

気に入ってくれて頻繁に足を運んでくれる事は、キャストからしても嬉しい事です。

しかし、ここで気を付けて欲しいのがその「頻度」です。

頻繁に通うと言っても週に1~2回が普通です。

それ以上の回数で通ったり、ロングコースで指名してくると危険です。

風俗とは言えそこまでお金を使うようになると流石に高額になります。

コンサルタント
頻繁に通う、お金を落とす人は徐々にその対価を求める様になります。つまりは「これだけ通ってるんだから付き合って当然」の様な思考になるのです。

勿論、上客のそのすべてがそうである訳ではありませんが、金銭的に限界が来ると急にストーカーになる可能性もありますので、態度や雰囲気の変化には注意してください。

4「個人情報を聞いてくる」

連絡先を聞いてくる客は多からず少なからず存在します。

コンサルタント
淡い期待を抱いて聞いてくる客であれば、適当に流せば諦めますし、常連などでしつこく聞いてくる客に対しては注意が必要です。

特に何度も顔を合わせている男性客であれば、気を許してしまいついうっかり個人情報をバラしてしまう事もあるかもしれません。

そのうっかりがきっかけで怖い思いをする可能性もあるので、個人情報は絶対に教えない様にしましょう。

あまりにしつこい場合は「個人情報は教えられない」ときっぱり言い切る事が重要です。

5「執拗な店外デートの誘い」

「お店の外で会おう」という誘いは、お店側も禁止しています。

「お店の外で会えば安く遊べる」というケチなお客さんなら良いですが「どうしてもデートをしたい」「外で会いたい」と思っている男性客も中にはいます。

何よりお店側が禁止している行為です。

あまりに度を越えた誘いの場合はお店の人に言って対処して貰うと良いでしょう。

仕事は仕事、男性客を信用しすぎるのは危険

コンサルタント
風俗で働いていると、様々な男性に出会います。嫌なお客さんもいれば、紳士的な好感の持てる人もいます。しかし気を付けてください。風俗の数時間の振る舞いで、その男性をこんな感じの人と決めつけてしまう事は危険です。

いい人ぶって近づいて、気が付いたらストーカー行為に及ぶなんて事も十分に考えられます。

「この人は大丈夫そうだから」という甘い考えが危険を呼ぶのです。

「仕事は仕事」と割り切る事が何よりも大切になります。

『入店祝い金』貰ってますか?
Qプリ

お店から交通費や祝い金がちゃんと支給されるか心配…って人は必見!そんな心配はもう不要です!

業界初!

  • 体験入店で『入店祝い金』
  • 面接で『交通費』

をプレゼントします!

おすすめの記事